イベント

長崎ランタンフェスティバルに家族と日帰り旅行してきたよ☆

今回も過去の思い出を残してみます!

今回は家族と日帰り旅行で長崎ランタンフェスティバルへ行って来ました。

ランタンフェスティバルは、元々、長崎新地中華街の人々が町の復興のために中国の旧正月(春節)を祝うものとして長崎新地中華街を中心にはじめられたものだそうです。

それが平成6年より規模を拡大させ、長崎の一大名物のお祭りとなった歴史があります♪

そんな、ランタンフェスティバルを目指しまずは車で長崎へ☆

路面電車が走っているところでの運転は初めてで、車の免許を取りたての私は車校時に習った内容を実際に行える感動と慣れない場所の運転への多少の恐怖でいっぱいでした^^

運転技術が未熟なこと、また、私自身が方向音痴なうえ距離感が全くないせいで何度も道を間違え、迷子になりながらもなんとか無事到着;;

大きな道が多く、正直もう運転したくない><

と根を上げてしまいたくなるくらいでした。

少し遠い場所へ駐車をし、路面電車を使ってランタンフェスティバルの会場へ☆
路面電車初体験の私は、電車なのに車のように信号で止まることにとても新鮮な思いを抱きました☆

長崎の中華街の近くで行われているのですが、中華街と言えば、兵庫の中華街のイメージが強い私にとっては少し閑散としていて驚いてしまいました。

会場付近に近づくと、人・人・人ッ!!!

人だらけで、前に進むことも困難なくらいでした!

寒い日だったのですが、会場に来ている人全員でおしくらまんじゅうをしている状態だったため、とても暖かかったです^^;

ステージの近くで(立った状態ですが)場所取りをしていたのですが少し他のランタンを見に行っただけで、元の場所に戻れなくなるくらい人が沢山来ていました。

長崎ランタンフェスティバル

ちなみに下の写真は必死に人ごみを縫いながら撮影した一枚☆
家族の元に戻るのが大変でした^^;笑

ステージでは、様々な出し物が催されており、爆竹が鳴り響いていました。
とても明るく、賑やかなお祭りで、皆が楽しくなれる場所です♪

明るく賑やかなお祭りも終わりを告げ、会場に来ていた人達が帰宅をするのですが…これぞまさに人の波!!(笑)

少しでも油断をすると、一緒に来ている人を見失ってしまうほどです。

ちなみに私は、一緒に来ている家族と離れると絶対に帰れなくなる自身があったのではぐれないように必死について行っていました。

今思えば携帯があるので、はぐれても連絡が取れますよね☆

帰りも車が多く、その上暗いこともあったため、流石に私は運転することが不安で父に運転してもらうことにしました♪

error: Content is protected !!